誰も教えてくれなかったお葬式の極意

トピックス, 図書目録, ジャンル, 趣味・実用

2021年9月刊行

コロナ禍で浮上したそもそもの疑問を解決!

お葬式はなぜ必要なのでしょうか?

タイトル 誰も教えてくれなかったお葬式の極意
著者 木部 克彦
発売日 2021年 9月
本体価格 1600円
ISBN 978-4-86565-211-6
判型 四六判・並製
リード文 コロナ禍で浮上したそもそもの疑問を解決!お葬式はなぜ必要?お葬式の簡素化は時代の声。なんでも「省く」でいい?誰もかれも「家族葬」でいい?戒名は必要?お葬式は高額商品。葬儀の3つの意義。AIはお葬式を理解できない
解説・目次 コロナ禍で浮上した「そもそもの疑問」を解決します
お葬式はなぜ必要なのでしょうか?
□お葬式の簡素化は時代の声。でもなんでも「省く」でいいのでしょうか?
□誰もかれも「家族葬」でいいのですか? 「直葬」とは?
□葬儀と告別式の分離、式の順番の「逆転」、丸一日のお葬式とは?
□お経の内容を日本語で解説してほしい。戒名は必要でしょうか?
□お葬式は「過酷なスケジュール」になります。それをふせぐには?
□お葬式は「高額商品購入」です。複数の葬儀社への事前相談と見積書を。
□遺影は1枚が基本? 葬送曲に演歌は? 弔辞のないお葬式でいいのでしょうか?
□祭壇費はどうして高い? なんのために弔電を打つのですか?
□葬儀の3つの意義とは? 「その日」の迎え方は?
□人間だけがお葬式をします。AIはそれを理解できないでしょう。

★目次
1 お葬式のニューノーマル――あらためて、家族葬とは――イメージとは違う実際 なんでも「省く」でいいのか お葬式を丸一日営む 戒名は必要なの?
2 ならば、もっと変えよう――お葬式は「高額商品購入」なのだから 複数の葬儀社への事前相談と見積書 どんな音楽も葬送曲になる
3 お葬式はなぜ必要なのか――お葬式の意義って 祭壇費はどうして高い なんのために弔電を打つのか
4 お葬式計画は「生きるための計画づくり」――ますは僕の親の「その日」ですが 2さて、僕自身のことですが
エピローグ お葬式をなくさないために

著者プロフィール 1958年生まれ。毎日新聞記者を経て、現在出身の地・群馬で、大学・出版・福祉などさまざまな分野で活躍。「群馬のプロモーション委員会」「群馬県文化審議会」委員。
著書『主夫っていいかも』(彩流社)『群馬の逆襲』『続・群馬の逆襲』『情報を捨てる勇気と表現力』『家庭料理が幸せを呼ぶ瞬間』『認知症、今日も元気だい』『夢に住む人』(言視舎)など多数。