三宅雪嶺 異例の哲学

トピックス, 図書目録, ジャンル, 哲学・思想・文学

2021年4月刊行

三宅雪嶺は「明治維新後」の思想を代表する

タイトル 三宅雪嶺 異例の哲学
著者 鷲田 小彌太
発売日 2021年 4月
本体価格 3000円
ISBN 978-4-86565-199-7
判型 四六判・並製
リード文 三宅雪嶺は明治維新後の思想を代表する。雪嶺の国粋保存は保守反動思想ではない。その哲学は旧物保存の正反対、宇宙論、人類論、社会論など広大な思想体系である。膨大な歴史論、人物論、人生論も。司馬史観の源泉は雪嶺にあり
解説・目次 三宅雪嶺は「明治維新後」の思想を代表する
三宅雪嶺は1860年生まれ、1945年没。明治維新から第二次大戦までを生きた哲学者、歴史家、ジャーナリスト。「国粋主義」を標榜した言論雑誌
「日本人」の創刊で知られ、『真善美日本人』『偽悪醜日本人』ほか膨大な著作を残した。
雪嶺の「国粋保存」は保守反動思想ではない。雪嶺の哲学は、旧物保存の正反対、開明社会の知識思想から生まれた宇宙論、人類論、社会論などで構成される百科全書的で、広大な思想体系である。
雪嶺の魅力は、これまた膨大な歴史論、人物論、人生論にもある。司馬史観の源泉は雪嶺にあり。
満州事変以降、「晩節を汚して」しまった雪嶺について、それはなぜ? を問う。

★目次
0▼哲学の本意……日本人の誕生——大日本帝国憲法/日本人の粋(真善美)と弊(偽悪醜)  
1▼哲学論……『宇宙』――哲学の総合デザイン/哲学の総体=エンチクロペディ/《人類学》――雪嶺哲学の「総体」を読む
2▼歴史論……『同時代史』/『人生八面観』/隔日コラム
3▼人生論……『世の中』/『人物論』/『英雄論』/『志行一致を計れ』
4▼フリーランサーの生き方

著者プロフィール 哲学者
『最終版 大学教授になる方法』『日本人の哲学1~5』(言視舎) ほか著作多数。