骨の記憶 七三一殺人事件

トピックス, 図書目録, ジャンル, 哲学・思想・文学, 歴史, 近過去

2020年11月刊行

フィクションを通じて戦争犯罪の社会的隠ぺいの構造を問う意欲作

タイトル 骨の記憶 七三一殺人事件
サブタイトル 虚妄の栄光とウイルス兵器
著者 福原 加壽子
発売日 2020年 11月
本体価格 1500円
ISBN 978-4-86565-190-4
判型 四六判・並製
リード文 「この秘密は墓場までもっていけ」――そんな無法がゆるされるのか? どんな大義があろうと戦争は徹頭徹尾おぞましい。それを直視し、忘却してはならない。フィクションを通じて、戦争犯罪の社会的隠ぺいの構造を問う意欲作。
解説・目次 「この秘密は墓場までもっていけ」――そんな無法がゆるされるのか?
どんな大義があろうと戦争は徹頭徹尾おぞましい。それを直視し、忘却してはならない。
フィクションを通じて、戦争犯罪の社会的隠ぺいの構造を問う意欲作。
[ものがたり]戦争孤児から苦学の末フリーのジャーナリストとなった紘一は、戦後の暗部からやがて「七三一部隊」の闇に引き寄せられていく。真実を追求する過程で逢着した行方不明だった姉の消息。物語は終戦間近の旧満州にさかのぼる。部隊の撤収時に何が起こったのか? そして隅田川の遺体はだれなのか?……

高嶋哲夫氏(『首都感染―PANDEMIC』作者)推薦!

★目次
 
1 紘一の戦後
2 新宿戸山の旧陸軍軍医学校跡地で大量の人骨
3 姉の消息
4 元軍医西田修介との面会
5 元七三一部隊員からの書簡
6 発掘人骨の真実
7 調査を求める会との接触
8 満州での出来事
9 発掘人骨と七三一部隊を追って
10 七三一部隊と現代の生物兵器、ウイルス兵器、ワクチン
11 元軍医佐伯との対峙
12 出版妨害
13 元軍医山村と佐伯
14 隅田川の水死体
15 警察の捜査
16 西田と佐伯の対決
17 藤井刑事の単独捜査
18 たった一人の野辺送り
19 遺言

著者プロフィール 五所川原市で医師としての活動と並行して、創作活動を続けている。
「もののおまち」名で、第26回「ゆきのまち幻想文学賞」佳作、第29回「ゆきのまち幻想文学賞」入賞。
著書に『Death by hanging―私刑』(もののおまち著 文芸社)がある。