「自己決定権」という罠

トピックス, 図書目録, ジャンル, 哲学・思想・文学

18年8月刊行

マスコミが伝えない事の真相を、豊富な実例を挙げながら、詳細に解説。

タイトル 「自己決定権」という罠
サブタイトル ナチスから相模原障害者殺傷事件まで
著者 小松美彦  聞き手:今野哲男
発売日 2018年 8月
本体価格 2400円
ISBN 978-4-86565-127-0
判型 四六判並製
リード文 「脳死・臓器移植」の推進、「人間の尊厳」による「安楽死・尊厳死」の推進は、ナチスの発想と同根である。
マスコミが伝えない事の真相を、豊富な実例を挙げながら、詳細に解説。
「自己決定権」と「人間の尊厳」がむすびつき、「人間の尊厳」を標榜する者が想像を絶する事件を引き起こした。
解説・目次 「脳死・臓器移植」の推進、「人間の尊厳」による「安楽死・尊厳死」の推進は、ナチスの発想と同根である。
マスコミが伝えない事の真相を、豊富な実例を挙げながら、詳細に解説。
いま静かに恐ろしい事態が進行している。
「自己決定権」と「人間の尊厳」がむすびつき、ナチス顔負けの人間選別思想を内包する法律が大手を振るい、「人間の尊厳」を標榜する者が想像を絶する事件を引き起こした。

★目次
序◆「自己決定権」とは何か
1◆私はなぜ自己決定権を認めないのか
2◆自己決定と自己決定権はどう違うのか
3◆自己決定権と福祉国家の行方
4◆死をめぐる感性、批判をめぐる感性
5◆ノンと言いつづけることの重要さについて
終章◆自己決定権批判の課題はどこにあるのか
増補◆「自己決定権」をめぐる2018年の状況/鏡としての「相模原障害者殺傷事件」

著者プロフィール 小松美彦
1955年生まれ。東京大学大学院理学系研究科・科学史科学基礎論博士課程単位取得退学。現在、東京大学大学院人文社会系研究科死生学・応用倫理センター教授。科学史、生命倫理学専攻。
著書『死は共鳴する―脳死・臓器移植の深みへ』(頸草書房) 『生権力の歴史―脳死・尊厳死・人間の尊厳をめぐって』(青土社)ほか。

今野哲男
1953年生まれ。編集者・ライター、著書に『評伝 竹内敏晴』(言視舎)。吉本隆明、木村敏、鷲田清一らの聞き手を務め単行本を多数制作。