泣ける太宰 笑える太宰

トピックス, 図書目録, 哲学・思想・文学, 言視BOOKS

14年5月下旬刊行

978-4-905369-88-2.jpg

桜桃忌に

シリーズ 言視BOOKS
タイトル 泣ける太宰 笑える太宰
タイトル読み ナケルダザイワラエルダザイ
サブタイトル 太宰治アンソロジー
著者 宝泉 薫
著者読み ホウセン カオル
出版社 言視舎
発売日 2014年 5月 29日
本体価格 1300円
ISBN 978-4-905369-88-2
判型 A5判並製
リード文 「いわゆる太宰」ではない太宰!文庫よりお買い得感あり!小説を読む喜びを十分堪能できる佳作を厳選。邪魔にならないリード・解説付
解説・目次 「いわゆる太宰」ではない太宰を!
文庫よりお買い得感あり
名作選ではなじみの薄い、でも、小説を読む喜びを十二分に堪能できる佳作を厳選。邪魔にならないリード・解説がついて、作品のアンソロジーと読本の良さをいいとこ取り。
★目次
▼Part1 泣ける太宰……『燈篭』 『黄金風景』 『眉山』 『メリイクリスマス』 『津軽』 他……思わずぐっとくる佳作をセレクト。笑って、泣いて、もあります。
▼Part2 笑える太宰……『親友交歓』 『カチカチ山』 『畜犬談』 『美少年』 他……意外に知られていない、この類稀なる笑いのセンス!
▼Part3 毒づく太宰……『川端康成へ』 『家庭の幸福』 『如是我聞』 『HUMAN LOST』 他……志賀直哉、川端康成、偉そうな奴との喧嘩は太宰に習え。
▼Part4 祈る太宰……『トカトントン』 『人間失格』 『竹青』 『待つ』 他……元気と希望を与える太宰。小説の技法にも長けた太宰の魅力も。
著者プロフィール ミニコミ『よい子の歌謡曲』発行人を経て著述業。
宝島社『音楽誌が書かないJポップ批評』、東京スポーツの「一発屋」連載、彩流社「一発屋シリーズ」など多方面で活躍。
音楽、野球、文学、心理とそのカバーする領域は驚くほど広い。