イノベーションの大地 北海道

トピックス, 図書目録

18年6月刊行

北海道命名150年の年に

いま必要とされているイノベーションとはいかなるものか、その解は北海道にある!

タイトル イノベーションの大地 北海道
サブタイトル 変革をもたらす人・発想・現場
著者 鷲田小彌太+井上美香
発売日 2018年 06月
本体価格 1600円
ISBN 978-4-86565-124-9
判型 四六判・並製
リード文 北海道命名150年の年に
いま必要とされているイノベーションとはいかなるものか、その解は北海道にある!
「北海道」と命名されてから150年、その歴史はイノベーションの連続だった。技術革新にとどまらない、変革を成し遂げた人《イノベーター》やその発想を、歴史と地誌から追いつつ、現在のイノベーションの現場を紹介する。
解説・目次 北海道命名150年の年に
いま必要とされているイノベーションとはいかなるものか、その解は北海道にある!
「北海道」と命名されてから150年、その歴史はイノベーションの連続だった。技術革新にとどまらない、変革を成し遂げた人《イノベーター》やその発想を、歴史と地誌から追いつつ、現在のイノベーションの現場を紹介する。

★目次
▼第1部 人 イノベーションの何たるかを知る……文学/政治/農業/スポーツ/学術 
事業=ビジネス……開拓/鉄道/商業/エネルギー/漁業 ほか
 
▼第2部 イノベーションの現場……風力発電で拓く町の未来―寿都町の挑戦
/デザイン力がもたらした革新――カンディハウスの思想/世界的豪雪大都市の環境対策/エネルギー源としての雪――その無限の可能性/風景の発見というイノベーション/スイーツ王国への道/ワイン醸造に始まった北の酒 ほか

著者プロフィール 鷲田小彌太(ワシダ コヤタ)
哲学者、評論家。『日本人の哲学 全5巻』『最終版大学教授になる方法』(言視舎)『時代小説で読む!北海道の幕末・維新』(亜璃西社)、哲学書、人生論、読書論など著書多数。

井上美香(イノウエ ヨシカ)
ライター&編集者。著書『改訂版 北海道の逆襲』『北海道歴史ワンダーランド』『クドカンの流儀』(言視舎)『なぜ、北海道はミステリーの宝庫なのか?』(亜璃西社)ほか。