シナリオ パラダイス

トピックス, 図書目録, 「シナリオ教室」シリーズ, 映画・演劇・シナリオ

15年7月刊行

ストーリーを考えずにシナリオを書いてしまう「お気楽流」

978-4-86565-026-6

これでシナリオが驚くほど面白くなる!

シリーズ 「シナリオ教室」シリーズ
タイトル シナリオ パラダイス
サブタイトル 人気ドラマが教えてくれるシナリオの書き方
著者 浅田 直亮
著者読み アサダ ナオスケ
出版社 言視舎
発売日 2015年 7月
本体価格 1600円
ISBN 978-4-86565-026-6
判型 A5版並製
リード文 ストーリーを考えずにシナリオを書いてしまう「お気楽流」!ストーリーを考えない独自のノウハウ。魅力的なキャラクターとは?主人公を葛藤させる?「困ったちゃん」とは?感情移入させるには?シナリオが驚くほど面白くなる!
解説・目次 ストーリーを考えずにシナリオを書いてしまう「お気楽流」
★ああなって、こうなってとストーリーを考えない独自のノウハウ
★どうすれば魅力的なキャラクターを考えられるか? 主人公を葛藤させるには? 変化させるには? 「困ったちゃん」とは? 感情移入させるにはどうしたらいいのか? これでシナリオが驚くほど面白くなる!
★お手本……『恋ノチカラ』『SCANDAL』『曲げられない女』『モテキ』『白夜行』『タイガー&ドラゴン』『最高の離婚』『最後から二番目の恋』『それでも生きてゆく』『勇者ヨシヒコ』ほか多数
★目次
1 主人公のキャラクターを考えればシナリオが書ける! ~主人公を困らせる/葛藤させる/変化させる
2 さらに面白くする方法~共通性/ラウンドキャラクター/「困ったちゃん」の設定/話をまとめない
3 面白いシーンの極意~セリフ/カットバック/トップシーン/転=クライマックス!
著者プロフィール シナリオ・センター人気講師
著書はすべてロングセラー
1983年、早稲田大学第一文学部卒業、2007年、早稲田大学大学院国際情報通信研究科修士課程修了。
1993年、フジテレビ系『八丁堀捕物ばなし』シリーズでシナリオ・ライターとしてデビュー。『八丁堀捕物ばなし』ではギャラクシー賞受賞。
シナリオ・センターが主宰するコンクール〈シナリオS1グランプリ〉では最終選考審査員を務めている。
著作『増補版「懐かしドラマ」が教えてくれるシナリオの書き方』『増補改訂版シナリオ・コンクール攻略ガイド』(以上共著)等。