笑う桐野夏生

トピックス, 図書目録, ジャンル, 哲学・思想・文学

2020年6月刊行

文学を読み、考える「楽しみ」を拡張する意欲作

タイトル 笑う桐野夏生
タイトル読み ワラウキリノナツオ
サブタイトル 〈悪〉を書く作家群
著者 鈴村和成
発売日 2020年 6月
本体価格 1700円
ISBN 978-4-86565-181-2
判型 四六判・並製
リード文 エンタメ/純文学というジャンルを超えて、カルト、ジェンダー、ホラー、幽体、笑いなどのテーマを呼び寄せる<悪>に魅入られたかのように次々と生み出される現代日本の小説群。文学を読み、考える「楽しみ」を拡張する意欲作
解説・目次 『テロの文学史』で現代文学のエッジな領域を渉猟した著者が、さらなる衝撃の追尋を開始する。桐野夏生、中村文則、平野啓一郎、西加奈子、吉田修一、村上春樹……
<悪>に魅入られたかのように次々と生み出される現代日本の小説群は、解読されることを欲している。エンタメ/純文学というジャンルを超えて、共振するエクリチュールは、谷崎潤一郎、三島由紀夫、金子光晴、ロラン・バルトといった作家を巻き込み、カルト、ジェンダー、ホラー、幽体、笑いなどのテーマを呼び寄せる。文学を読み、考える「楽しみ」を拡張する意欲作。

★目次 
序◆笑いとマスク 
1◆桐野夏生―『メタボラ』『夜の谷を行く』『バラカ』『抱く女』など
2◆中村文則―『私の消滅』
3◆平野啓一郎―『ある男』
4◆桐野―『OUT』『ダーク』など
5◆桐野―『優しいおとな』『路上のX』など
6◆桐野―『魂萌え!』
10◆桐野―『ナニカアル』
11◆金子光晴―『マレーの感傷』
13◆西加奈子―刺青とジェンダー
14◆ロラン・バルト―『テクストの楽しみ』
15◆吉田修一―変容するアンドロギュヌス
16◆桐野―『柔らかな頬』『I’m sorry mama.』『猿の見る夢』など
結語◆サバイブするヒーロー/ヒロイン    

著者プロフィール 評論家、詩人。ランボー、村上春樹論等で活躍。2009年『ランボーとアフリカの8枚の写真』など一連の紀行により藤村記念歴程賞受賞。
『ゆるゆる人生の歩き方 金子光晴の名言から』(言視舎) 『テロの文学史』(太田出版)ほか著書多数。