[自由訳]平賀源内作 「風流志道軒傳」

トピックス, 図書目録, イノベーションのための「理科少年」シリーズ, 哲学・思想・文学, 映画・演劇・シナリオ

11年12月下旬 刊行

978-4-905369-19-6.jpg

タイトル ?????????????????
タイトル読み ??????????????????????????
著者 ????????????????????????????????
著者読み ?????????????????????????????????
出版社 ???
発売日 2011年 12月 20日
本体価格 1500円
ISBN 978-4-905369-19-6
判型 ?????
リード文 ?????????????????????????????????????????????????????????????
解説・目次 ?????1728-1776??????????????????????
??????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????
?????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????
??????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????


担当編集部より

「平賀源内」という名を知っている人は多いと思います。中年以上の方なら、昔のNHKドラマ『天下堂々』での山口崇のイメージが強いかと思いますが、その後いろいろな源内像が出回ってきました。「日本のダ・ビンチ」といわれるほどの天才という説があるかと思えば、彼の「発明」はみんなインチキ、稀代の詐欺師だともいわれることもあります。いずれにしても毀誉褒貶の激しい人物であることは、確からしく思われます。

この本はその当否をあげつらうものではありませんが、しかし、現状はあまりにイメージ先行ではないでしょうか。
これは、評伝は数が出ているものの、源内の書いたものを読んだことがある人が、さほど多くないことに由来するのではないかと思われます。なにしろ源内の著作は、岩波「古典文学大系」と中公「日本の名著」にあるくらいで、決して読みやすい状態であるとはいえません。
そこで、彼の代表作の現代語訳を試みた次第です。

源内はさまざまなジャンルの著作を残していますが、本作は源内が風來山人というペンネームで書いたもっとも有名な作品のひとつです。浄瑠璃等などに翻案されて広く知られることとなり、長い間読み継がれてきた江戸期のベストセラー作。庶民が旅することが困難だった時代に、日本全国だけでなく、巨人の国、小人の国、長脚国、愚医国、いかさま国などを経て、清国の後宮から最後には「女護が島」を巡ります。これが「日本版ガリバー旅行記」といわれるゆえんです。

こちらの紹介記事でも読めます。新刊レビュ-エンタメ-47NEWS(よんななニュース)