プロ野球 常勝球団の方程式

トピックス, 図書目録, スポーツ

17年3月刊行

日米の野球のデータを調べつくした著者が、選手の実力を評価する独自の評価基準を設定、それにもとづいて選手力を数値化して評価

タイトル プロ野球 常勝球団の方程式
著者 出野 哲也
発売日 2017年 03月 22日
本体価格 1600円
ISBN 978-4-86565-078-5
リード文 常勝の9チーム―日本ハム・ソフトバンク・ヤクルト・西武・広島・阪急・ジャイアンツ・西鉄・南海ホークス。独自の評価基準で数値化、5つの視点から分析、新人、外国人選手、監督、補強戦略など常勝球団の3つのタイプとは?
解説・目次 独自の指標を提示します
《常勝の9チームとは》
★2000~10年代 北海道日本ハムファイターズ/福岡ダイエー・ソフトバンクホークス 
★90年代 ヤクルトスワローズ
 
★80~90年代 西武ライオンズ
★70~80年代 広島東洋カープ
 
★60~70年代 阪急ブレーブス/読売ジャイアンツ
★50年代 西鉄ライオンズ
★40~60年代 南海ホークス
*本書では10年前後優勝争いに絡み、リーグ優勝4~5回、日本一に複数回なっている球団を「常勝」と呼ぶ。
《5つの視点からチームを分析》
★1新人の活躍★2移籍選手、外国人選手★3監督の采配、編成上の補強戦略★4鍵となった選手★5衰退の原因★6「たられば」も検証……常勝球団の3つのタイプとは?
★チーム力の分析にあたっては、日米の野球のデータを調べつくした著者(*下記著作参照)が、選手の実力を評価する独自の評価基準を設定、それにもとづいて選手力を数値化して評価している。

著者プロフィール 1970年東京生まれ。スポーツ研究者。MLB、NBAの専門誌等に執筆。著書『メジャーリーグ人名事典』『プロ野球埋もれたMVPを発掘する本』(言視舎)『プロ野球最強選手ランキング』『日米比較プロ野球背番号を楽しむ小事典』(彩流社)他。



毎日新聞【読書日記】の“ピックアップ”に取り上げられました

毎日新聞5月2日付の夕刊ほか
日刊スポーツ、夕刊フジ、スポーツ報知、スポーツニッポンにも取り上げられました。