1950年代生まれの逆襲

トピックス, 図書目録

14年2月中旬刊行

978-4-905369-81-3.jpg

タイトル 1950年代生まれの逆襲
タイトル読み 1950ネンダイウマレノギャクシュウ
サブタイトル 「ベルエポック世代」の栄光と悲惨そして復活
著者 福井 次郎
著者読み フクイ ジロウ
出版社 言視舎
発売日 2014年 2月 17日
本体価格 1400円
ISBN 978-4-905369-81-3
判型 四六判並製
リード文 笑う世代活性本!団塊の世代と新人類に挟まれた狭間の1950年代生まれに、今深刻な危機が!危機の正体とは?切り抜ける方法は?
解説・目次 笑う世代活性本
★本書で「ベルエポック世代」と呼ぶ1950年代生まれは「ベルエポック(良き時代)」を体験した世代である。子ども時代は高度経済成長期であり、科学技術は進歩し、輝かしい「未来」がみえた。「団塊の世代」と「新人類」に挟まれた「狭間の世代」で、あまり自己主張しないが、日本で一番問題のない世代と言われてきた。その世代に、今、深刻な危機が訪れようとしている!
★危機の正体とは? 切り抜ける方法はあるのか?
★1950年代生まれは、こんな人びと
50年◆志村けん、舘ひろし、由美かおる、萩原健一、和田アキ子、奥田瑛二、板東玉三郎、中沢新一
51年◆中村雅俊、桃井かおり、忌野清志郎、山本リンダ、カルメン・マキ、小林薫、浅田次郎、藤月q
52年◆坂本龍一、三浦友和、村上龍、さだまさし、大森一樹、松坂慶子、中島みゆき、吉幾三、浜田省吾
53年◆山下達郎、甲斐よしひろ、北の湖、研ナオコ、関根勤、テレサ・テン、竹下景子、落合博満
54年◆石田純一、松任谷由実、南沙織、高畑淳子、片岡鶴太郎、中畑清、秋吉久美子、林真理子
55年◆所ジョージ、麻原彰晃、郷ひろみ、江川卓、明石家さんま、野田秀樹、竹内まりや、坂口良子
56年◆役所広司、大地真央、野口五郎、桑田佳祐、竹中直人、島田紳助、長渕剛、渡辺正行、大川隆法
57年◆大竹しのぶ、夏目雅子、天童よしみ、孫正義、浅田彰、東国原英夫、石破茂、ピンクレディー恵
58年◆宮本亜門、チャゲ、桜田淳子、秋元康、小室哲哉、東野血瘁A原辰徳、ピンクレディーミー
▼目次
▼序章 ベルエポック世代
 ▼第1章 ベルエポック世代を襲う若者問題 
▼第2章 ベルエポック世代を苦しめる老人問題
 ▼第3章 ベルエポック世代が悩む自身の問題
 ▼第4章 ベルエポック世代が陥るさまざまな症候群
 ▼最終章 最後まで走り続けるために
著者プロフィール 1955年生まれ、早大卒。
映画および歴史研究者。
著書に『「戦争映画」が教えてくれる現代史の読み方』『カサブランカはなぜ名画なのか』(彩流社)『青森の逆襲』『マリリン・モンローはなぜ神話になったのか』(言視舎)等がある。


担当編集部より

★本書で「ベルエポック世代」と呼ぶ1950年代生まれは「ベルエポック(良き時代)」を体験した世代である。子ども時代は高度経済成長期であり、科学技術は進歩し、輝かしい「未来」がみえた。その世代に、今、深刻な危機が訪れようとしている!「団塊」と「新人類」に挟まれた「地味で狭間の世代」に、今何が起こっているのか? 
★危機の正体とは? 切り抜ける方法はあるのか?

笑う世代活性化読本

[目次]
▼序章  ベルエポック世代 
▼第1章 ベルエポック世代を襲う若者問題 
▼第2章 ベルエポック世代を苦しめる老人問題 
▼第3章 ベルエポック世代が悩む自身の問題 
▼第4章 ベルエポック世代が陥るさまざまな症候群 
▼最終章 最後まで走り続けるために

★1950年代生まれは、こんな人びと
50年◆志村けん、舘ひろし、由美かおる、萩原健一、和田アキ子、奥田瑛二、板東玉三郎、中沢新一
51年◆中村雅俊、桃井かおり、忌野清志郎、山本リンダ、カルメン・マキ、小林薫、浅田次郎、藤圭子
52年◆坂本龍一、三浦友和、村上龍、さだまさし、大森一樹、松坂慶子、中島みゆき、吉幾三、浜田省吾
53年◆山下達郎、甲斐よしひろ、北の湖、研ナオコ、関根勤、テレサ・テン、竹下景子、落合博満
54年◆石田純一、松任谷由実、南沙織、高畑淳子、片岡鶴太郎、中畑清、秋吉久美子、林真理子
55年◆所ジョージ、麻原彰晃、郷ひろみ、江川卓、明石家さんま、野田秀樹、竹内まりや、坂口良子
56年◆役所広司、大地真央、野口五郎、桑田佳祐、竹中直人、島田紳助、長渕剛、渡辺正行、大川隆法
57年◆大竹しのぶ、夏目雅子、天童よしみ、孫正義、浅田彰、東国原英夫、石破茂、ピンクレディー恵
58年◆宮本亜門、チャゲ、桜田淳子、秋元康、小室哲哉、東野圭吾、原辰徳、ピンクレディーミー
59年◆山口百恵、片山さつき、石川ひとみ、京本正樹、渡辺謙、辻仁成

★福井次郎◎1955年生まれ、早大卒。映画および歴史研究者。著書に『「戦争映画」が教えてくれる現代史の読み方』『カサブランカはなぜ名画なのか』(彩流社)『青森の逆襲』『マリリン・モンローはなぜ神話になったのか』(言視舎)等がある。