人物名鑑 古今東西いま関西

トピックス, 哲学・思想・心理・教育

2023年12月刊行

関西が熱い!
プロ野球関西ダービーで注目
関西人とはどういう人なのか

シリーズ 犯罪社会学講義
タイトル 人物名鑑 古今東西いま関西
著者 鷲田 小彌太
発売日 2023年 12月
本体価格 2200円
ISBN 978-4-86565-265-9
判型 四六判・並製
リード文 関西が熱い!関西人とはどういう人なのか?関西人とは訛りを残した世界人である。23人の関西人の本質に迫る。併せて「社長の哲学」「社長の読書」で、古今東西の人物名鑑とプルタルコス『英雄伝』、東は史記の人間哲学に学ぶ
解説・目次 関西が熱い!
プロ野球関西ダービーで注目
関西人とはどういう人なのか

◆関西人とは、訛りを残した世界人である。日本書紀、源氏物語も、徒然草、そして風姿花伝、芭蕉も、司馬遼太郎、谷崎潤一郎も関西産、「世界」標準であり、「不易流行」である。

◆18歳から関西で23年間過ごした著者が、23人の関西人を取り上げ、その本質に迫る。
▼開高健、長谷川慶太郎、嵐寛寿郎、松下幸之助、南方熊楠、出口王仁三郎、梅棹忠夫、松田道雄、林達夫、淀川長治、横溝正史、福沢諭吉、三木清、栄陽子、谷沢永一、阪本勝、堺屋太一他

◆併せて「社長の哲学」「社長の読書」で、古今東西の人物名鑑を展開。
▼石橋湛山、ケインズ、ドラッカー、チャーチル、世阿彌、アリストテレス、古田織部正、カーネギー他

◆さらにプルタルコス『英雄伝』の人間哲学に学ぶ――東に史記、西に英雄伝
▼アレクサンドロス、カエサル、キケロ、ブルートゥス、クレオパトラ、スパルタクス、プルタルコスと日本他 

著者プロフィール 哲学者
『最終版 大学教授になる方法』『日本人の哲学1~5』(言視舎) ほか著作多数。