Dr.おまちの「お医者さま」ウォッチング

トピックス, 図書目録, ジャンル, 趣味・実用

2021年12月刊行

医療と文筆活動二刀流の著者が「お医者さま」の生態を描く

医者だからこそ書けるディテール満載。医者との付き合い方「傾向と対策」

タイトル Dr.おまちの「お医者さま」ウォッチング
サブタイトル 現役医師が本音で教える「医者」の見極め
著者 もののおまち
発売日 2021年 12月
本体価格 1400円
ISBN 978-4-86565-215-4
判型 四六判・並製
リード文 医療と文筆活動二刀流の著者が「お医者さま」の生態を描く。リアルな姿、本当にあった悲喜劇、勘違いする医者など医者だからこそ書けるディテール満載。医者とどのように付き合うか「傾向と対策」、かかりつけ医の評価ポイント
解説・目次 地方で医療と文筆活動二刀流を精力的にこなす著者が、「お医者さま」の生態を描く。ドラマや小説、コミックにはあらわれないリアルな姿、本当にあった悲喜劇、「勘違い」する医者、どうやって医者になったか、どんな「修業」をしたのかなど、医者だからこそ書けるディテール満載。さらに、医者とどのように付き合うか、その「傾向と対策」を示す。【イラスト多数】
□医者による医者の評価は? 医者の噓?/患者の噓?
□大学病院の医者/総合病院の医者/町医者 傾向と対策
□いわゆる「風邪」のとき、医者は何を考えているのか?――症例も紹介
□かかりつけ医の評価ポイントは?⇒具体的に5つ挙げます

★目次 
★1 医者は、ほかの医者をどうみているのか? 経験はどれだけものをいう?/医者の「生態」観察 
★2 普通の人は知らない「お医者さま」の世界 病院の形態別 医者との付き合い方——大学病院の医者/総合病院の医者/町医者/メジャー/マイナー?/医者の日常/医療業界あるある
★3 描かれた「お医者さま」――テレビドラマや映画
★4 医者は患者を、内心どうみているのか 患者さんは噓をつく/ 「女を診たら妊娠と思え」 /患者の言い分
★5 本音で教える病院と医師を選ぶポイント 医者を選ぶための観察方法/医者のプロフィールのどこを見るべきか ほか

著者プロフィール 青森県五所川原市で医師としての活動と並行して、創作活動を続けている。日本内科学会認定総合内科専門医、日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医。
第26回「ゆきのまち幻想文学賞」佳作(福原加壽子名で)、第29回「ゆきのまち幻想文学賞」入選。
著書に『骨の記憶 七三一殺人事件』(福原加壽子名で、言視舎)『真っ白な闇』(ものの おまち名で、言視舎)がある。