佐藤泰志をさがして

トピックス, 図書目録, ジャンル, 哲学・思想・文学

2021年7月刊行

注目の作家を追う

タイトル 佐藤泰志をさがして
サブタイトル 「幻の作家」はいかにして復活したか?
著者 成田 清文
発売日 2021年 7月
本体価格 2000円
ISBN 978-4-86565-206-2
判型 四六判・並製
リード文 佐藤泰志は幻の作家だった。芥川賞5回、三島賞にもノミネートされながらも90年自死。2007年作品集刊行でブレイク。4作が映画の原作となり高い評価を受ける。この秋5作目『草の響き』が公開予定。復活までの過程を追う
解説・目次 注目の作家を追う
佐藤泰志は「幻の作家」だった。立松和平や村上春樹と同世代、89年までに芥川賞5回、三島賞にもノミネートされながらも、90年自死。いつしか忘れられた存在になっていた。
ところが2007年、作品集刊行=再デビューとともにブレイク。4作が映画の原作となり高い評価を受ける。この秋にも5作目『草の響き』が公開予定。
復活までの過程を追い、なぜ忘れられ、なぜ復活したのかを探る。

★目次
序章 自死の波紋
第一章 遅すぎた出会い
1 1993年6月
2『大きなハードルと小さなハードル』
3『移動動物園』と『黄金の服』
4『そこのみにて光輝く』
5『海炭市叙景』
第二章 おいたちから死まで
1高校時代まで
2「初期作品」の時代(70‐80)
3最後の10年間(81-90)
第三章 再発見・再評価から映画化へ
1 ついに「きみの鳥はうたえる」に出会う
2『佐藤泰志作品集』刊行
3 映画『海炭市叙景』
4 映画『そこのみにて光輝く』
5『佐藤泰志映画祭』の開催
6 映画『オーバー・フェンス』
7 映画『きみの鳥はうたえる』
第四章 とりあえずの結語
1なぜ、佐藤泰志は忘れられたのか?
2なぜ、佐藤泰志は再発見(再評価)されたのか? 

著者プロフィール 1955年7月5日生まれ。弘前大学人文学部文学科卒。県立高校教諭を37年勤め退職、現在、弘前高等学校・柴田学園大学短期大学部・青森大学講師。個人通信(『越境するサル』)とNPO団体での映画自主上映(「harappa映画館」)を続けている。