どの自治体でも実践できる地域活性化モデル

トピックス, 図書目録, 経済・ビジネス

11年1月 刊行

978-4-7791-1089-4.jpg

タイトル どの自治体でも実践できる地域活性化モデル
タイトル読み ドノジチタイデモジッセンデキルチイキカッセイカモデル
サブタイトル 行政アウトメ[シングの活用法
著者 中西 穂高
著者読み ナカニシ ホダカ
出版社 彩流社企画
発売日 2011年 1月 20日
本体価格 2200円
ISBN 978-4-7791-1089-4
判型 A5判上製
リード文 行政の効率化(行政のアウトメ[シング)と地域の活性化@シ立困難な課題に、高知県の副知事として取り組んだ著者が実践を検証、理論穀z、提案する。
解説・目次 高知での実践を検証し、一般理論を穀zする行政の効率化(行政のアウトメ[シング)と地域の活性化@シ立困難なこの課題に、高知県の副知事として取り組んだ著者が、その実践を理論化。どの行政の現場でも使うことのできる汎用モデルとして提案する。
[目次]
▼第1部 理論編[自治体改革のためのモデルの提案]ほか
▼第2部 実践編[自治体改革の実施][地域活性化の実施]ほか
▼第3部 検証編[行政マネジメントモデルの穀z]ほか
著者プロフィール 現在、東京工業大学産学連携推進本部教授。東京大学理学部地学科地質学専攻卒。ペンシルベニア大学大学院都市・地域計画学専攻修了。東京工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科終了、博士(学術)。通産省に入省、高知県副知事、内閣参事官等を経て現職。