知的読解力養成講座

トピックス, 図書目録, ジャンル, 哲学・思想・文学

2020年3月刊行

知のレッスン

タイトル 知的読解力養成講座
サブタイトル どんなものでも読みこなす技術
著者 鷲田小彌太
発売日 2020年 3月
本体価格 1600円
ISBN 978-4-86565-175-1
判型 四六判・並製
リード文 知のレッスン!「読む力」を上げる方法を具体的に解説。デジタル時代、グローバル時代、フェイクがあふれる時代に必要とされる「読解力」。だれでもできる方法を平易に解説。仕事論にもつながる内容。読解の実例で納得。
解説・目次 知のレッスン
万巻の本を読み多数の著書をものしてきた知の哲人が、「読む力」を上げる方法を具体的に解説
デジタル時代、グローバル時代、フェイクがあふれる時代に必要とされる「読解力」。だれでもできる方法を平易に解説。
人間論、日本語論、日本人論、仕事論にもつながる内容。
読解の実例で納得。

★目次 
▼0 書を読み、理解する、これこそもっとも人間的な行為である……人間は「本」である/人間を、とりわけ「自分」を理解するには、本を読まなくてはならない
1▼世界がようやく日本語に追いついてきた!?……日本人は、日本語でこそ、「世界」を深く、迅速に考えることができる。その逆ではない
2▼読解力のエッセンス……難解な本でも(だからこそ)速読する/中心の一点を主題に、三点で文章化する/書くことができてはじめて理解できたということになる
3▼読解の技術……比較法/理想法/常識法
4▼読むこと……読まずに、読解法を身につけるなんて、出来ない相談だ/「ことば」(論理)が未来を作る――『日本書紀』を読む
5▼「仕事」のために読む……仕事(力)は「現場」でつく/違いがわかる仕事力/達人の読解術 ほか

著者プロフィール 哲学者
『最終版 大学教授になる方法』『日本人の哲学1~5』(言視舎) ほか著作多数。