紹興酒革命! 100%原酒に挑む男

トピックス, 図書目録, ジャンル, 経済・ビジネス

2020年1月刊行

食ビジネスに関係する人、必携

タイトル 紹興酒革命! 100%原酒に挑む男
著者 桑原 才介
発売日 2020年 1月
本体価格 1600円
ISBN 978-4-86565-168-3
判型 四六判・並製
リード文 2020年は「紹興酒」がきます!「町中華」に注目が集まりブームの兆し。そこで不可欠なのが紹興酒!紹興酒の品質を一貫して追究してきた本書の主人公・石滋成。日本で唯一、年代のブレンドをしない「原酒100%」商品を実現。
解説・目次 2020年は「紹興酒」がきます!予兆があります。
地元に根付いた「町中華」に注目が集まり始めています。また、「肉バル」に続いて「中華バル」も登場、カジュアル中華が裾野を広げ、ブームの兆しがみえます。そこで不可欠なのが紹興酒なのです。
いま紹興酒には高い品質が求められています。その品質を一貫して追究してきたのが本書の主人公・石滋成です。台湾出身、苦学して早大を卒業、中華食材会社を紹興酒中心に舵を切り、日本で唯一、年代のブレンドをしない「原酒100%」商品を実現。高い評価を得ています。
食ビジネスに関係する人、必携。日本における中国料理の歴史を付す。

★目次
1▼頭痛に悩まされた台湾少年
2▼父の事業と早稲田大学
3▼紹興酒に舵を切る
4▼100%原酒紹興酒を掘り起こす
5▼素晴らしいクライアントに囲まれて
6▼「町中華」から広がるカジュアル中華の世界
7▼日本における中国料理の歴史、断章 

著者プロフィール 1940年生まれ。外食産業の経営コンサルタント、商業ビルの開発などで活躍。
著書に『六本木高感度ビジネス』(洋泉社)『飲食トレンド最前線』(商店建築社)『吉祥寺 横丁の逆襲』(言視舎)『居酒屋甲子園の奇跡』(筑摩書房)ほか