福澤諭吉の事件簿 Ⅱ

トピックス, 図書目録, ジャンル, 哲学・思想・文学

19年6月刊行

哲学者・鷲田小彌太が満を持して書き下ろす本格歴史大河小説。

タイトル 福沢諭吉の事件簿 Ⅱ
著者 鷲田小彌太
発売日 2019年 6月
本体価格 1500円
ISBN 978-4-86565-151-5
判型 四六判・並製
リード文 哲学者・鷲田小彌太が満を持して書き下ろす本格歴史大河小説。これまで見たことのない幕末明治の歴史風景。諭吉という視点から眺めると、まったく違った物語に見えてくる。「竜馬暗殺」については、驚きの新説を展開!
解説・目次 本格歴史小説 書き下ろしⅠ・Ⅱ巻 同時発売
歴史読本の知的興奮、理屈だけではなく剣豪小説のスリリングな展開、探偵小説の謎解き、伝奇小説の自在さを併せ持った、知的エンターテインメント歴史小説誕生!
司馬遼太郎、池波正太郎、隆慶一郎、山田風太郎ほかの達成をアウフヘーベン。哲学者・鷲田小彌太が満を持して書き下ろす本格歴史大河小説。これまで見たことのない幕末明治の歴史風景が広がる。
薩長でも佐幕でもない諭吉という視点から眺めると、「尊王攘夷」「開国」「長州征伐」「大政奉還」「文明開化」「西洋事情」「慶應義塾」……が、まったく違った物語に見えてくる。
「竜馬暗殺」については、驚きの新説を展開!

★目次
 
事件簿7 ロシアのスパイになりそこねたの巻
事件簿8 榎本武揚助命嘆願の巻
事件簿9 暗殺者たちの巻
事件簿10 慶應義塾「存亡の危機」の巻
事件簿11 ロシア問題の巻 榎本武揚と増田甲斎
事件簿12 明治十四年政変の巻

著者プロフィール 哲学者、評論家
「日本人の哲学」シリーズほか、哲学書、人生論、読書論、大学論など著書多数