家庭料理が幸せを呼ぶ瞬間

トピックス, 図書目録, ジャンル, 趣味・実用

17年5月刊行

忘れられないわが家の味

タイトル 家庭料理が幸せを呼ぶ瞬間
サブタイトル 忘れられないわが家の味
著者 木部 克彦
発売日 2017年 06月
本体価格 1600円
ISBN 978-4-86565-094-5
判型 四六判・並製
リード文 泣けます、笑えます!食育の原風景がここにあります。だれも書かなかった家庭料理の活用法を紹介。家で料理する、それだけで、ただのカレーが、どこにでもある卵焼きが、平凡な煮物が感動の一品に変わる瞬間を活写。すべて実話
解説・目次 泣けます、笑えます!
食育の原風景がここにあります。家で料理する、それだけでいいんです。だれも書かなかった家庭料理の活用法を紹介しましょう。
ただのカレーが、どこにでもある卵焼きが、平凡な煮物が感動の一品に変わる――それはいつでしょう? それはなぜでしょう? その瞬間を活写します。すべて実話。

★目次
Ⅰ 忘れられないわが家の味
 
1 祖母から母へ、そして…… 2 肉の力でみんなに元気 3 家庭料理の王者、卵焼き 4 粉食、うどん、おっきりこみの力 5 汁物は家庭の味の象徴か、はたまた魔法か 6 煮物は家庭の温かさでいっぱい 7 家族みんなで食べれば、すべてはおいしい 8 スイーツの世界もね
 
Ⅱ ヒトの歴史と家庭料理 

著者プロフィール 1958年生まれ。
「主夫」の先駆者。毎日新聞記者を経て、現在出身の地・群馬で、出版・福祉などさまざまな分野で活躍。「群馬のプロモーション委員会」「群馬県文化審議会」委員。
著書『主夫っていいかも』(彩流社)『群馬の逆襲』『続・群馬の逆襲』『今夜もおっきりこみ』『情報を捨てる勇気と表現力』(言視舎)など多数。