女と男の名作シネマ

トピックス, 図書目録, ジャンル, 映画・演劇・シナリオ

15年9月刊行

一生ものの映画ガイド決定版

978-4-86565-032-7

写真・イラスト多数収録

タイトル 女と男の名作シネマ
サブタイトル 極上恋愛名画100
著者 立花 珠樹
著者読み タチバナ タマキ
出版社 言視舎
発売日 2015年 09月
本体価格 1600円
ISBN 978-4-86565-032-7
判型 四六版並製
リード文 外国恋愛映画の名作を10のカテゴリーに分類して、100本を厳選。女優の魅力、不倫や初恋、狂気の愛、歴史を呼吸する恋など、古典的名作から観る者の生き方を変えかねない問題作まで、一生ものの映画ガイド決定版。
解説・目次 外国恋愛映画の名作を10のカテゴリーに分類して、100本を厳選。女優の魅力、不倫や初恋、狂気の愛、歴史を呼吸する恋など、古典的名作から観る者の生き方を変えかねない問題作まで、一生ものの映画ガイド決定版。
写真・イラスト多数収録
話題の『若尾文子 “宿命の女”なればこそ』の著者
★目次
Ⅰ▼ミューズたち…『ローマの休日』『マリリン 7日間の恋』
  
Ⅱ▼偶然から始まった…『逢びき』『恋におちて』
 
Ⅲ▼ファーストラブ…『初恋のきた道』『恋恋風塵』
  
Ⅳ▼友情と愛情と…『アパートの鍵貸します』『ブロークバック・マウンテン』
  
Ⅴ▼狂おしく…『アデルの恋の物語』『華麗なるギャツビー』 
 
Ⅵ▼結婚しても…『フォロー・ミー』『アイズ ワイド シャット』
  
Ⅶ▼ムードに酔って…『男と女』『花様年華』
  
Ⅷ▼古典…『ロミオとジュリエット』『眺めのいい部屋』
  
Ⅸ▼個性あふれる主人公…『ブリジット・ジョーンズの日記』『アメリ』
 
Ⅹ▼歴史の渦の中で…『存在の耐えられない軽さ』『風と共に去りぬ』  ほか
著者プロフィール 共同通信社編集委員。文化部記者、編集委員として長く映画を取材してきた。
著書に『「あのころ」の日本映画がみたい!』(彩流社)『あのころ、映画があった』(言視舎)、『新藤兼人 私の十本』『岩下志麻という人生』(共同通信社)。
いま最新作『若尾文子〝宿命の女〟なればこそ』(ワイズ出版)が話題。