群馬の逆襲

トピックス, 図書目録, 「笑う地域活性本」シリーズ

14年2月中旬刊行

978-4-905369-80-6.jpg

言視舎版として刊行します

シリーズ 笑う地域活性本
タイトル 群馬の逆襲
タイトル読み グンマノギャクシュウ
サブタイトル 日本一“無名”な群馬県の幸せ力
著者 木部 克彦
著者読み キベ カツヒコ
出版社 言視舎
発売日 2014年 2月 20日
本体価格 1400円
ISBN 978-4-905369-80-6
判型 四六判並製
リード文 笑う地域活性本の原点!無名であるがゆえの「幸せ」が、山ほどあるのです。その実力を証明したのがこの本。群馬本の古典です!
解説・目次 言視舎版として刊行します
《笑う地域活性本》の原点!
★ユルキャラ「ぐんまちゃん」が2年連続3位になっても、やっぱり「群馬」は印象が薄く、地味? 群馬県民はみんな不幸なのだろうか?もちろんそんなことはありません。たしかに群馬には目立たない点はありますが、無名であるがゆえの「幸せ」が、山ほどあるのです。その実力を証明したのがこの本。群馬本の古典です!
▼目次
▼プロローグ 弾圧逃れの「隠れ群馬県民」
▼第1幕 やっぱり群馬は不幸か?……ご当地しかしらない「ご当地ャ塔O」/首相が4人出ても/名物がない?/ 「だんべえ」 ほか
▼第2幕 どっこい群馬の幸せ……日本一おいしい日本酒/夢いっぱいの地元列車/「カオスの街」の魅力/四天王ならではの存在感ほか
▼第3幕 ほらほら群馬の幸せ……全国に2つしかない縁切り寺/朔太郎、文明、そして鬼城 ほか
▼第4幕 だから群馬の幸せ……格安の温泉一泊ほか
著者プロフィール 1958年生まれ。
毎日新聞記者を経て、現在出身の地・群馬で、出版・福祉などさまざまな分野で活躍。「群馬のプロモーション委員会」「群馬県文化審議会」委員。
著書『今夜もおっきりこみ』『続・群馬の逆襲』『ラグビーの逆襲』(言視舎)など多数。


担当編集部より

言視舎版として刊行

978-4-905369-80-6.jpg

《笑う地域活性本》の原点!
群馬本の古典です!

★木部克彦:1958年生まれ。毎日新聞記者を経て、現在出身の地・群馬で、出版・福祉などさまざまな分野で活躍。「群馬のプロモーション委員会」「群馬県文化審議会」委員。著書『今夜もおっきりこみ』『続・群馬の逆襲』『ラグビーの逆襲』(言視舎)など多数。