こころの相続

トピックス, 図書目録, 経済・ビジネス, 趣味・実用

13年10月上旬刊行

978-4-905369-71-4.jpg

相続は権利ではなく、ギフトなのです

タイトル こころの相続
タイトル読み ココロノソウゾク
サブタイトル 幸せをつかむ45話
著者 本郷 尚
著者読み ホンゴウ タカシ
出版社 言視舎
発売日 2013年 10月 1日
本体価格 1200円
ISBN 978-4-905369-71-4
判型 四六判並製
リード文 相続は子の権利ではありません。親からのギフトなのです。相続に直面した家族の決断とその後の人生。答えは、本人のこころのなかに。
解説・目次 相続は子の権利ではありません。親からのギフトなのです。相続に直面した家族に何が起こり、家族はどう決断し、その後の人生をどのように歩んでいったか?……数々の人間ドラマをとおして相続のツボを知る★「わたしだったらどうするかしら」「え、そんなことが起こるの?」という話、満載です。★「金勘定」も大切ですが、節税は相続対策の切り口のひとつにすぎません。★争って奪い合ったお金は「死に金」になって消え、感謝して譲り合ったお金は「生き金」となって長く活かされます。★相続の先をどう生きるか、本当の答えは、本人のこころのなかにあります。
著者プロフィール 税理士法人タクトコンサルティング 代表社員・税理士。不動産活用・相続・贈与・譲渡など資産税に特化したコンサルティングを展開。資産税を軸足とした税理士として、執筆、講演に注力。著書『改訂版 がんばれ大家さん!』(清文社)『継ぐより分ける相続』(タクトコンサルティング)『ほんもののコンサルタントになる本』(住宅新報社)ほか多数。


『こころの相続』
担当編集部より

相続は子の権利ではありません。
親からのギフトなのです。

相続に直面した家族に何が起こり、家族はどう決断し、その後の人生をどのように歩んでいったか?……数々の人間ドラマをとおして相続のツボを知る
★「わたしだったらどうするかしら」「え、そんなことが起こるの?」という話、満載です。
★「金勘定」も大切ですが、節税は相続対策の切り口のひとつにすぎません。
★争って奪い合ったお金は「死に金」になって消え、感謝して譲り合ったお金は「生き金」となって長く活かされます。
★相続の先をどう生きるか、本当の答えは、本人のこころのなかにあります。

[目次] 
◆Ⅰ章「生き金、死に金」~イキイキ、ニコニコ暮らせる発想 
◆2章 妻の選択~老いては妻に従うべし
◆3章 夫の決断~男には花道を 
◆4章 介護で「悔悟」しないために 
◆5章 未来への贈り物