徹底検証 古事記

トピックス, 図書目録, 哲学・思想・文学, 飢餓陣営叢書

飢餓陣営叢書5

13年10月下旬刊行

978-4-905369-70-7.jpg

古事記は「鉄の神々」の物語
すり替えの物語を読み解く

シリーズ 飢餓陣営叢書
タイトル 徹底検証 古事記
タイトル読み テッテイケンショウコジキ
サブタイトル すり替えの物語を読み解く
著者 村瀬 学
著者読み ムラセ マナブ
出版社 言視舎
発売日 2013年 10月 31日
本体価格 2200円
ISBN 978-4-905369-70-7
判型 四六判並製
リード文 どのようにして「日・光の神々」にすり替えられたのか?古事記は「鉄の神々の物語」であるという視座を導入して、新たな読みを提示。
解説・目次 「火・鉄の神々」はどのようにして「日・光の神々」にすり替えられたのか?従来のアカデミズムには、古事記を「瑞穂の国」のあらすじにそって解釈してきた歴史がある。そこには本居宣長以来、古事記を稲作共同体とその国家の物語とみなすイデオロギーがあった。その結果、そうした読みではどうしても解釈できない情景がたくさん残されてきた。本書は旧来の読みに対して、古事記は「鉄の神々の物語」であるという視座を導入して、新たな読みを提示する。古事記は「火の神・鉄の神」が「日の神」にすり替えられた物語だという読みである。まったく新しい古事記解読の一ページを切り開く画期的試み!
著者プロフィール 1949年京都府生まれ。現在、同志社女子大学教授。著書『初期心的現象の世界』『「いのち」論のはじまり』『「あなた」の哲学』『自閉症』『次の時代のための吉本隆明』ほか、多数。


『古事記』
担当編集部より

「火・鉄の神々」はどのようにして
「日・光の神々」にすり替えられたのか?

従来のアカデミズムには、古事記を「瑞穂の国」のあらすじにそって解釈してきた歴史がある。そこには本居宣長以来、古事記を稲作共同体とその国家の物語とみなすイデオロギーがあった。その結果、そうした読みではどうしても解釈できない情景がたくさん残されてきた。本書は旧来の読みに対して、古事記は「鉄の神々の物語」であるという視座を導入して、新たな読みを提示する。古事記は「火の神・鉄の神」が「日の神」にすり替えられた物語だという読みである。まったく新しい古事記解読の一ページを切り開く画期的試み!

[目次] 
▼第一章 古事記のはじまり 
▼第二章 伊邪那岐命《いざなきのみこと》と伊邪那美命《いざなみのみこと》の神話 
▼第三章 天照大御神《あまてらすおほみかみ》と須佐之男命《すさのをのみこと》 
▼第四章 大国主神《おほくにぬしのかみ》 
▼第五章 天降り 忍穂耳命《おしほみみのみこと》と邇々芸命《ににぎのみこと》 
▼第六章 海神の国訪問