新装版 ヘーゲルを「活用」する!

トピックス, 図書目録, 哲学・思想・文学, 自分で考える道具としての哲学

13年1月下旬 刊行

新装版! 超入門書

978-4-905369-51-6.jpg

タイトル ヘーゲルを「活用」する!
タイトル読み ヘーゲルヲカツヨウスル
サブタイトル 自分で考える「道具」としての哲学
著者 鷲田 小彌太
著者読み ワシダコヤタ
出版社 言視舎
発売日 2013年 1月 30日
本体価格 2000円
ISBN 978-4-905369-51-6
判型 四六判上製
ページ数 208
リード文 山積する現代の難問に、哲学・思想を大胆に「使う」本。難解で鳴るヘーゲルを誰にでも理解できるようにわかりやすく解説。超入門書。
解説・目次 戦争、グローバル化といった山積する現代の難問に、ヘーゲルの哲学・思想を大胆に「使う」本。「矛盾」「自己対象化」「家族」「対立物の統一」等、難解で鳴るヘーゲルを誰にでも理解できるようにわかりやすく解説する超入門書。
★目次
◆0 ヘーゲル哲学って使いべりしない
◆1 「日本の直面する課題」を解くヘーゲルの思考法 10のキーワード〜1「矛盾」  なぜエネルギー危機を突破できたか? 2「自己対象化」 日米開戦は回避できたか? 4「一者」  天皇の存在理由とは? 5「対立物の統一」「日本的経営」は経済成長の「桎梏」か? ほか
◆2 ヘーゲルの人生に学ぼう 「成功」をもたらす10の人生ポイント〜11 引きこもり 12フリーター 家庭教師 17 一派をなす 派閥力と敵対者 18知は権力「御用哲学者」ほか
◆3 ヘーゲルが学んだ人、ヘーゲルに学んだ人〜21 ヘーゲル哲学には、その反対も含めた、すべてがある 22 アリストテレス23 デカルト24 スピノザ 25 ルメ[ 26 カント 27 アダム・スミス 28 キルケゴール 29 マルクス 「欲望社会」 30 ニーチェ
◆4 ヘーゲルに世界問題を占ってもらおう〜31 アメリカの一極支配 一極支配と反米感情 32 EUの未来 統合と対立 33 チャイナの躍進 市場経済と共産党・軍支配 34 イスラム世界 国家主権と宗教支配 35 機会と人間
著者プロフィール 1942年北海道札幌市生まれ。1966年大阪大学文学部哲学科卒業。1972年大阪大学大学院文学研究科哲学史専攻博士課程終了。
哲学者。評論活動、エッセイ、人生書等の執筆も精力的に行なっている。
著書に「鷲田小恆セ《人間哲学》コレクション」『イラスト哲学「仮想(ヴァーチャル)」大討論会』(彩流社)、「鷲田小彌太書評集成I、II」『こんな大学教授はいりません』『日本人の哲学1 哲学者列伝』(言視舎)ほか多数。