ヘーゲルを「活用」する!

トピックス, 図書目録, 哲学・思想・文学, 自分で考える道具としての哲学

07年10月 刊行

9784779110207.JPG

タイトル ヘーゲルを「活用」する!
タイトル読み へーげるをかつようする
サブタイトル 自分で考える道具としての哲学
著者 鷲田 小彌太
著者読み わしだこやた
出版社 彩流社企画
発売日 2007年 10月 10日
本体価格 2000円
ISBN 978-4-7791-1020-7
判型 四六判上製
ページ数 205
リード文 世界一わかりやすく、使えるヘーゲル!
解説・目次 戦争、グローバル化といった山積する現代の難問に「矛盾」「自己対象化」「家族」「対立物の統一」等、ヘーゲルの思考法・論理・キーワードを大胆に使って挑む、入門書を超えた「入門書」。書下ろし!
カテゴリー1 哲学・社会・思想
著者プロフィール 1942年北海道札幌市生まれ。1966年大阪大学文学部哲学科卒業。1972年大阪大学大学院文学研究科哲学・哲学史専修修士課程終了。三重短期大学教授を経て、現在、札幌大学教授。哲学・倫理学を担当。評論活動、エッセイ、人生論等の執筆も精力的におこなっている。彩流社より『鷲田小彌太<人間哲学>コレクション』シリーズ刊行中。著書多数。