臨床哲学の知

トピックス, 図書目録, 哲学・思想・文学, 教育・心理

17年4月刊行

名著の復刊

タイトル 言視舎版 臨床哲学の知
サブタイトル 臨床としての精神病理学のために
著者 木村 敏 ・ 今野 哲男
発売日 2017年 4月
本体価格 2000円
ISBN 978-4-86565-091-4
判型 四六判・並製
リード文 木村敏著、名著の復刊!「臨床哲学」は、精神医学に本来の精神性を取り戻す、人間のための哲学だ。ハイデガーや西田幾多郎を参照軸に、「臨床哲学」の場所から現代科学にパラダイムチェンジを促す語り下ろし。
解説・目次 名著の復刊
「臨床哲学」は、精神医学に本来の精神性を取り戻す、人間のための哲学だ。ハイデガーや西田幾多郎を参照軸に、「臨床哲学」の場所から現代科学にパラダイムチェンジを促す語り下ろし。
《精神病は、自己が自己であるための最も基本的な条件にかかわる病気、つまり、哲学を成り立たせてきた最も基本的な条件にかかわる病気だと思います。その解明を、客観主義にとらわれた自然科学だけにまかせておくわけにはいかない。》 (本文より)

▼第一章 「自己」と「あいだ」からの出発~症状だけを診る現代の精神医学/自己論ことはじめ/「あいだ」の多重性について
▼第二章 生命と生命論について~終りのある生命と終りのない生命/離人症患者の世界/個と集団の折り合い/統合失調症と近代
▼第三章 生きる主体~ゾーエーがビオスを生きる
 
▼終章 精神科医の臨床現場 ほか

著者プロフィール 木村敏
1931年生まれ。1955年京都大学医学部卒業。精神病理学。ハイデルブルク大学精神科客員講師、名古屋市立大学医学部教授を経て、1986年より京都大学医学部教授。現在、京都大学名誉教授、河合文化教育研究所主任研究員。
著書に『木村敏全著作集』全8巻(弘文堂)のほか多数。

今野哲男
1955年生まれ。編集者・ライター。
著書に『評伝 竹内敏晴』(言視舎)。吉本隆明、木村敏、鷲田清一らの聞き手を務め単行本を多数制作。近刊『希望の国の少数異見』森達也との共著(言視舎)。