[増補・改訂版]島根の逆襲

トピックス, 図書目録, 「笑う地域活性本」シリーズ, ジャンル, 歴史

16年10月刊行予定

古代史謎解き観光情報多数

978-4-86565-064-8

旅行ガイドとしてもオススメです

シリーズ 笑う地域活性本
タイトル [増補・改訂版]島根の逆襲
サブタイトル 古代と未来をむすぶ「隠れ未来里」構想
著者 出川 卓・通
著者読み でがわ たかし・とおる
発売日 2016年 10月 26日
本体価格 1600円
ISBN 978-4-86565-064-8
判型 四六並製
リード文 マイナスと思われていることが新たな価値に反転することも多々あります。島根は神話の里、パワースポットとして「隠れ里」の魅力にあふれています。古代から続く先端技術の蓄積も十分。長寿の「国」としての試みも。5章を増補
解説・目次 旅行ガイドとしてもオススメです。古代史謎解き観光情報多数
★山陰は暗い。産業も高速交通もない。高齢者が多い。そもそも島根ってどこ?
★たしかに島根がおかれた困った事実は多々あります。しか~し、こまったこと、マイナスと思われていることが実は、あらたな価値に反転することも多々あるのです。
★島根は神話の里、パワースポットとして「隠れ里」の魅力にあふれています。古代から続く先端技術の蓄積も十分。長寿の「国」としての試みも。いま逆襲が始まっています。
★5章を増補

★目次
▼プロローグ:島根はどこにあるか?行方不明と3重苦!
 
▼1章:豊かで個性的な島根~ローカル・グローバルで構成された隠れ里……出雲、石見、隠岐の3つの地域/渡来人と大陸との関係/隠れ未来里とは~豊かな未来の可能性を検証する
▼2章 神話と歴史のパワースポット……神話の登場人物とその舞台/「出雲国風土記」と「古事記」「日本書紀」ほか
▼3章 古代技術遺産から学びの里へ……島根の金属資源は世界を動かす驚異的な量だった/ 鉄:たたらとふいご/銀などの製錬・製錬技術/銅:すべての始まり/伝統のセラミック技術~土と石州瓦と焼き物
▼4章 長寿命を誇る人類最先端の未来里へ……高齢化と長寿命化の現状と見通し/島根の古い知恵からまなぶ地域の生き方/高齢化と中山間地帯を支える新しい知恵/隠れ未来里の候補と新たな考え方の提案 ほか
▼5章 自然の恵みと人々の再発見スポット……温泉、日本酒、人物 ほか

著者プロフィール 出川 卓
農業、郷土未来史家。1948年出雲市生まれ、出雲高校から大学卒業(機械工学専攻)後、㈱日立製作所入社。設計技師を経て米国子会社に勤務。その後、約20ヶ国の海外子会社、顧客などを出張ベースで訪問。定年退職後島根と東京の二重生活。
出川 通
㈱テクノ・インテグレーション代表取締役。1950年出雲市生まれ、出雲高校から大学卒業(材料工学専攻)後、三井造船㈱入社。研究開発者を経て、大学派遣員として海外在住。退職後2004年に現在の会社を立ち上げる。島根大学客員教授。東京在住。