島尾敏雄

トピックス, 図書目録, シリーズ, ジャンル, 哲学・思想・文学, 言視舎評伝選

16年6月刊行

人は何を代償にして作家になるのか?

978-4-86565-055-6

『死の棘』の夫婦にとって小説とは現実以上にリアルであった!

シリーズ 言視舎 評伝選
タイトル 島尾 敏雄
著者 比嘉 加津夫
著者読み ひが かつお
発売日 2016年 06月 30日
本体価格 3500円
ISBN 978-4-86565-055-6
判型 四六・上製
リード文 人は何を代償にして作家になるのか? 『死の棘』の夫婦にとって小説とは現実以上にリアルであった!奄美は、島尾にとり「深淵」の場所であった。自らの〈生〉の証として小説を書き継いだ作家の宿命を描く本格的評伝の決定版。
解説・目次 《シリーズ 第8弾》人は何を代償にして作家になるのか?
『死の棘』の夫婦にとって小説とは現実以上にリアルであった!
自らの命を捨てる場所としてあらわれ、後日、生活をたて直すために戻った奄美は、島尾にとり「深淵」の場所であった。戦争中に特攻艇隊長として島の娘と出会い、愛を育くみ結婚のち上京、夫婦の生活はすさまじい修羅場に変化してゆく。そのさまを作家は克明に作品化してゆく。自らの〈生〉の証として小説を書き継いだ作家の宿命を描く本格的評伝の決定版。
著者プロフィール 1944(昭和19)年12月12日沖縄県久志村字久志(現在の名護市字久志)に生まれる。沖縄大学文学部英文学科中退。在学中『発想』を創刊、1号から7号までの編集にたずさわる。『脈』を個人誌として創刊(1972年)、24号から同人誌に移行。



先週・今週の紹介記事です

『評伝撰 島尾敏雄』
日本経済新聞7.1の文化欄、島尾敏雄に関連する本が多数出ているという記事で、書影とともに紹介されました。