映画「高村光太郎」を提案します

トピックス, 図書目録, 哲学・思想・文学, 映画・演劇・シナリオ

16年4月刊行

今年は高村光太郎没後60年

978-4-86565-049-5

タイトル 映画「高村光太郎」を提案します
サブタイトル 映像化のための謎解き評伝
著者 福井 次郎
発売日 2016年 04月
本体価格 1800円
ISBN 978-4-86565-049-5
判型 四六・並製
リード文 没後60年。人間・高村光太郎の映像化のための企画書を内包した異色の評伝。なぜ智恵子は自殺しようとしたのか? 十和田湖「乙女の像」のモデルは? 数多の謎を解き、光太郎研究に新視点と、『智恵子抄』の新しい読み方も。

解説・目次 ★今年は没後60年。人間・高村光太郎の数々のドラマを追うには、映画化が一番! 大正・昭和期の映画を徹底して研究してきた著者が、映像化のための企画書を内包した異色の評伝に挑む。
★なぜ智恵子は自殺しようとしたのか? なぜ「戦争協力詩」を書いたのか? 花巻への隠棲とは? 十和田湖「乙女の像」のモデルは? ……数多の謎を解き、光太郎研究に新視点をもたらす。
★『智恵子抄』の新しい読み方も提案。

★目次
第一章 高村光太郎という迷宮
  
第二章 ミステリー『智恵子抄」

第三章 不可思議なる転向
第四章 「乙女の像」の謎 ほか

著者プロフィール 1955年生まれ、早稲田大学卒、映画研究者。
著書『『カサブランカ』はなぜ名画なのか』『マリリンモンローはなぜ神話となったのか』『「戦争映画」が教えてくれる現代史の読み方』(以上言視舎)『映画産業とユダヤ資本』(早稲田出版)などがある。