吉田松陰

トピックス, 図書目録, 歴史, 言視舎評伝選

ISBN 978-4-86565-016-7

15年4月刊行

いま松陰を追体験する意味はどこにあるのか?

978-4-86565-016-7

煩悶する松陰の生身の思考に迫る書き下ろし評伝

シリーズ 言視舎評伝選
タイトル 吉田松陰
タイトル読み ヨシダショウイン
サブタイトル 幽室の根源的思考
著者 井崎正敏
著者読み イザキマサトシ
出版社 言視舎
発売日 2015年 04月
本体価格 2700円
ISBN 978-4-86565-016-7
判型 四六上製
ページ数 280
リード文 いま松陰を追体験する意味はどこにあるのか?幽室の思想者・松陰の行動と思考を追体験し「大和魂」という荒ぶる魂を鎮魂する試み。左右のイデオロギーに染まった読解とは異なり、煩悶する松陰の生身の思考に迫る書き下ろし評伝
解説・目次 いま松陰を追体験する意味はどこにあるのか?
松陰の本質は書き残されたもののなかにしか存在しない。『全集』というテキストを徹底的に読み破ることから見えてきたもの、それは松陰の着地点が私たちの出発点であるということである。――幽室の思想者・松陰の行動と思考を追体験し、「大和魂」という荒ぶる魂を鎮魂する試み。左右のイデオロギーに染まった読解とは異なり、煩悶する松陰の生身の思考に迫る書き下ろし評伝。

★目次
▼序章 いま一度問う、「吉田松陰とはだれか」 
▼第一章 青年兵学者が駆ける―発見への旅 
▼第二章 敵国密航計画―もうひとつの攘夷
 
▼第三章 幽室の教育者―「だれでも聖人になれる」
 
▼第四章 幽室の思索者―日本人すべてが対等な理由
 
▼第五章 幽室の行動者―雄略案と要撃案
 
▼第六章 「草莽」が起ち上がる―独立した主体 
▼第七章 死中に生をもとめる―精神の不滅
 
▼終章 留魂か鎮魂か

著者プロフィール 批評家。
一九四七年東京生まれ。東京大学文学部倫理学科卒業後、筑摩書房に入社。同社編集部長などを経て、批評活動に入る。
主な著書『天皇と日本人の課題』『ナショナリズムの練習問題』(洋泉社)『倫理としてのメディア』(NTT出版)『〈戦争〉と〈国家〉の語りかた』(言視舎)他